土壌汚染調査をして汚染物質の有無を調べよう

土壌汚染調査をして汚染物質の有無を調べよう

工事現場

汚染の可能性がないとは言えない

土壌汚染調査と聞くと、汚染されたところだけ調査するものだと思う人もいるでしょう。確かに、特定の有害物質を扱っている施設では汚染の可能性が高まりますが、過去に施設があった場合や、近隣にあった場合でも汚染されている場合があります。また、土地を作るときに使った埋め土材などに汚染物質が含まれているケースもあるので、心配ならば専門業者に依頼するといいでしょう。

売買する時には気を付ける

土地を売買したときに、土壌汚染調査をしていない場合、汚染について売り手が知らなかったとしても、責任があるとみなされ契約解除される可能性があります。また、損害賠償を請求されるかもしれません。調査の有無に関係なく、土壌汚染が分かった場合にどう対応するのか、事前に話し合い契約事項にも記載漏れがないようにしましょう。

工場が稼働中でも調査が可能

現在も稼働中の工場や建物で調査をする場合、稼働中に行うこともあります。調査場所の確保のために、エリアごとに時間を指定して行ったり、製造ラインの一部を止めることもあるかもしれません。作業スペースについてはその場で話し合うといいですね。休日に調査したいというのであれば、業者と相談してみるといいでしょう。

広告募集中