土壌汚染調査の方法と調査に関する疑問を解決する

土壌汚染調査の方法と調査に関する疑問を解決する

工事現場

地歴調査

土壌汚染調査をおこなう時は、まず地歴調査を行います。調査対象地とその周辺の土地についての利用歴などを調べます。そして過去から現在までにどんな汚染物質による汚染の可能性があるかを調査します。

表層土壌調査

土壌分析の調査で一番最初にする調査です。土地の表面部分が汚染しているか調べます。地歴調査の結果や調査目的によって、調査方法・分析項目を決めていきます。

詳細調査

土壌汚染がどれくらいの深さまですすんでいるか、地下水が汚染されていないか調査するものです。この調査を行うことで土壌汚染の状況を詳しく調べることができ、技術やコスト面で適切な浄化方法の決定ができます。

土壌汚染調査に関する疑問

調査にかかる費用はどれくらい?

土壌汚染調査には3段階の調査があるので、調査内容・調査の度合いによって費用は異なります。どのくらいのレベルで調査して欲しいのか事前に決めておき、問い合わせてみるといいでしょう。

浄化費用は?

汚染の状況や汚染物質の種類によって異なります。それだけでなく、浄化方法や浄化をどの程度行うかによっても異なるので、確認してみましょう。土壌汚染の結果が出てから、相談してみるといいですね。

浄化費用を安くする方法はないですか?

浄化費用を少しでも安く抑えたいのであれば、土壌汚染調査を詳細に行うといいでしょう。できるだけ詳細に汚染範囲を特定し、浄化の量を減らすのがコツです。業者にも、安くしたい旨を伝えておくと話がスムーズに進むはずです。

土壌汚染されていたら近隣へのリスクはある?

もし汚染されていたとしても、汚染された地下水を飲んだり、その土壌を食べたりしなければ人体への影響は特にありません。土壌がコンクリートなどで覆われずに土壌が飛ぶ可能性があったり、飲用水に使っているようなら、早急に対処した方がいいですね。

広告募集中